業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

特許の広さ分析サービス

NRIのTRUE TELLERパテントポートフォリオを使用して分析

今や特許は「量より質」の時代。特許の質(特許の広さ)を定量分析するサービスを通じて、お客様の知財経営レベルを競合他社よりも格段にリードしていただきます。

NRIサイバーパテント(株)が提供する「TRUETELLER パテントポートフォリオ」(TTL-PP)では、特許の広さを、格成分数の関数として表したTechnology Size®(以下、TSという。)というパラメータで表示いたします。TSは、格成分数の関数として表したパラメータです。TSは、権利範囲が狭いほど値が小さくなり、権利範囲が広いほど値が大きくなるパラメータとしております。左図に示すように実際の測定対象である特許の広さとの間で不等号の向きを同一とすることができ、格成分数よりも利便性を向上させた実用に適したパラメータとしております。

Technology Size

TS分析例1 各企業のTSを箱ヒゲグラフで表示

特許の質について、自社のポジションを競合他社との関係で鳥瞰することができます。

TS分析例

TS分析例2(A社、B社について要素技術に分解して、TS平均値-被引用数の関係を調査)

このTS分析例2から、A社は、衛星測位技術がB社よりもバブルの大きさが小さく出願件数は少ないが、技術の有用性、活用性の双方からより上質な権利が取得できることが示されていることがお分かりになるかと思います。また、検索・探索技術については、B社はA社よりも技術としての価値が高いものの、TSが低いため、権利が狭くなっており、出願件数のみが多いだけで実際の権利取得戦略において上手くいっていない点がお分かりになるかと思います。本サービスを通じて、特許の出し方に関する質と量をより詳細に分析することも可能となり、ひいては特許戦略に関するより具体的な指針を検討する上で有益な情報を提供することが可能となります。

左側は、企業Aのテクノロジーサーモグラフ、右側は、同一の母集団について実際に特許になったものについてTSで重み付けした例です。出願件数が多い領域については必ずしもTSが大きくなく、また出願件数が少ない領域であってもTSが大きい場合があることが示されています。件数が多い領域であっても、実はその領域はTSが低い特許ばかりで狭くて活用性の高い特許しか取得できていないことが示されています。

なお、「TRUETELLER パテントポートフォリオ」(TTL-PP)のご購入を検討されている方は、こちらまで

特許の広さ分析サービスのトップページへ戻る

ページトップへ