業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

所長ご挨拶

真の知財サービスとは何かを追求し、新たなタイプの特許事務所へ

日本における産業の国際競争力の向上を図るとともに経済をより活性化させるためには、市場のニーズがあって付加価値の高い製品を創造し、新たな価値を提供するイノベーションを創出することが重要となってきます。革新的な技術の創出を促進し、その成果を知的財産として適切に保護し、その知的財産をレバレッジとして新たな戦略を展開する、いわゆる知財経営力、ひいては技術経営力を高めることで、日本が世界の中で再び飛躍できるものと信じております。つまり「知財経営」はこれからの日本再生のキーワードであり、エネルギー源でもあります。そして弁理士も、このような知財経営の一部を担うものであり、生み出された発明を我が子のように情熱を持って、強固で活用性の高い法的権利となるように育て上げるのが社会的使命であると思います。

これらの業務に加えて、少しでもお客様の知財経営力の増進を図るためには、更に付加価値の高い知財サービスを創出して尽力させていただく必要があると思っております。

当事務所では、このような昨今の知財経営に対するニーズに鑑み、出願書類の作成代理を中心とした従来型の特許事務所から、お客様のニーズに沿った幅の広いソリューション・サービスを提供できる、知財に関するあらゆるソリューションを総合的に請け負う「コンシェルジュ(総合案内人)」からなる特許事務所へと生まれ変わり、より親身な対応と品質の更なる向上させて参ります。

今後も当事務所所員一同力を合わせ、お客様の幸せ、ひいては日本の発展を目指し、一層の精進をして参りたいと存じますので、倍旧のご指導、ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

ミノル国際特許事務所所長 弁理士 安彦 元

ページトップへ