業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

SERVICE | 知財創造支援

未完成なアイデアであっても全く心配ありません。先ずはご相談を。

 「特許事務所」と言えば、発明が完成させた後に、特許明細書の作成を依頼する事務所というイメージが定着していると思います。しかしながら当事務所は違います。

 当事務所は、完成した発明の特許明細書の作成も勿論承りますが、未完成のアイデアを発明として完成させるまでのところもしっかりとサポートいたします。

 「未完成なアイデアなんだけど大丈夫かな」、「どうしても技術的な問題解決ができなくて困っているんだけど」と思っておられる場合は、先ず当事務所にご相談を。

 TRIZやマインドマップやロジックツリーを用いたブレインストーミング等の各種ツールを利用し、経験のあるコンサルタントが皆様の問題解決をアシストいたします。

「シールを袋に貼るだけのアイデアで特許になりますか?」当事務所 「お任せください。一緒に発明を完成させましょう。」→そして特許登録!

特許5928858号の例

 あるお客様から「ペットのお尻ふきシールを商品化したいんだけど特許になりますか?」とご相談を受けました。このアイデアは、下記の図①のようにコンビニのポリ袋に拭き取り紙が施されたシールを貼ります。図②のように犬が糞をする際、糞取シール部分をお尻に当てお尻をふきます。このときビニール袋越しに、指がシールに当たるようにします。次に図③のようにそのビニール袋で地面の糞を拾います。次に図④のようにビニール袋裏返してゴミ箱に捨てます。

 このペットのお尻ふきシールは、確かに商品としては非常に魅力的であり、市場において多くの需要が期待できます。しかし、アイデアのシーズは、あくまで「シールを袋に貼るだけ」です。果たして特許になるのでしょうか?普通の特許事務所であれば「特許にするのは難しいですね」と突っ返して終わりのところが殆どではないでしょうか?

 しかし当事務所は全然違いました。「1~2週間時間をください。必ず特許になるような発明まで創造支援します」と申し上げ、当事務所が採用する創造支援ツールを駆使し、この「シールを袋に貼るだけ」のアイデアを以下の図⑤に示すような様々な発明を創造しました。

当事務所の知財創造支援サービスによる発明創造の例

 お客様は、創造した発明群の中から商品化に適したベストな構成をいくつか選択して採用されました。またこれら創造した発明については全て特許明細書に記載して特許出願をしました。結果は勿論特許査定となり、商品は、強力な独占権である特許権(特許5928858号)によって守られました。

 皆様も、一緒に発明を創り上げていきませんか?

 単に従来技術には無い新しいものを創造すればよいのではなく、しっかりと市場のニーズにマッチしたキーコンセプトを盛り込んだ発明にすることが重要です。アイデアの原型の段階で結構です。先ずはご相談いただければ幸いです。

お客様のイノベーション創発をアシストします。

I(Ideation)−TRIZを利用した知財創造支援、マインドマップやロジックツリーを用いたブレインストーミング、ネーミング開発支援等のサービスを提供します。

発明のシーズ(種)を強力な戦略的特許ポートフォリオへ

お客様が考えられた発明のシーズ、これをそのまま出願するだけでは、今までの開発投資に対する、知財活用収益が相対的に小さくなってしまいます。発明のシーズには、潜在的に存在する有益な無体財産がまだまだ含まれている場合が実は多いのです。

自社が創出した発明のシーズのみを特許出願して特許権が付与された場合であっても、保護される範囲は、その発明のシーズに基づく特許権の範囲のみです。このため、競合他社は、比較的容易に自社の特許を避けることでき、類似技術による自社市場の参入を許してしまいます。また自社特許権が、競合他社の特許権により包囲されて、結果として特許権により攻める力が弱まってしまいます。

これに対して、発明のシーズから変形発明を生み出し、何でも特許出願して保護する他社ケースでは、特許権により保護される範囲が拡張され、競合他社が自社市場に参入するのを強固に防止することができます。また競合他社による変形発明の権利化を防止でき、自社の特許ポートフォリオによる攻める力が増強されます。このため、特許の権利化プロセル全体から見た場合に、発明のシーズから如何に効果的な変形発明の展開を行うかが重要であり、勝負はこの段階で十中八九決まってしまうといっても過言ではありません。当事務所では、知的創造支援もサービスの柱とさせていただいており、1つの発明のシーズから、広いエリアでの特許ブロックまで拡張させる水平展開、また代替手段や変形例を抽出する垂直展開を行い、強力な戦略的特許ポートフォリオまで育て上げます。また商標においてもネーミング開発支援に力を入れております。

SERVICE Menu | 知財創造支援

1.I-TRIZを利用した発明創造支援

革新的なアイデアを過去の発明事例から類比的発想で導く・・「I-TRIZ」

当事務所では、I−TRIZによる発明創造支援を積極的に行なっております。思いつきや偶然に頼ることなく、アイデアをシステマティックに生み出すI−TRIZを積極活用することで、よりイノベーティブ(innovative)な知財創出を実現します。 I−TRIZは、革新的問題解決を行う場合の方法そのものを構造化・定石化することで、より信頼性の高いアイデアの創出や開発スピードの短縮化をもたらす合理的方法論の一つです。特定の問題を一般化したTRIZの問題に写像(抽象化)し、抽象的な世界でI−TRIZの一般的な解決策を、ソフトウェアを利用してシステマティックに導出します。そして、得られた一般的な解決策をベースにして特定の解決策へのアイデア出しを行います。従来型モデルでは、特定の問題が与えられたときにこれを試行錯誤しながら特定の解決策を探索しますが、I−TRIZを使うことにより、優れたアイデアを効率的に導出することが可能となります。

2. 格成分ダイアグラム

特許請求の範囲の記載に最も忠実なダイアグラム図を作成

特許請求の範囲に記載されている格構成要素は、個々の命題を実現します。各構成要素は、他の構成要素によって実現された命題の成果物を利用して初めて自らの動作を実行でき、命題を実現することが可能となります。

3. ネーミング創造支援

ネーミングの創造支援もお任せ下さい

当事務所では、お客様がネーミング選定過程において実際に直面する諸問題に配慮しつつ、マーケティング、ブランド戦略、商標などに関する幅広い知識・経験を基に、ネーミング支援サービスを提供いたします。

ページトップへ