業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

ネーミング創造支援

ネーミングの創造支援もお任せ下さい

多数の同種製品・サービスが市場に溢れている今日においては、ネーミングの重要性が特に増しております。ネーミングが商品(役務)との関係あるいは顧客との関係を無視したものであれば、その商品(役務)の存在すら認知されずに「死に筋」になり市場から姿を消すというケースも珍しくありません。

ネーミングに求められる機能・役割は、業界や商品ごとに異なるものと考えられます。ある業界においては「消費者の目に留まりやすく、覚え易いかどうか」という顧客との関係が特に重視される傾向があります。また、パイオニア的な商品であれば、「その商品の性質(中身)や魅力を消費者に伝えることができるかどうか」という機能・役割が重視されるケースが散見されます。

そのため、こうした商品・業界ごとのネーミングの傾向を踏まえた上で慎重にネーミングを選定することが重要です。

当事務所では、各担当者が知財実務のみならず、知財経営、マーケティング論、会計学などについても研鑽を積んでいるため、優れたネーミングの選定の前提にある論理的知識を備えると共に、日頃の知財業務の中で、皆さまから商品・役務のネーミングに関するご相談を受けていますので、お客様がネーミング選定過程において実際に直面する諸問題に対する配慮も可能です。

そこで、これらの知財経営、マーケティング、ブランド戦略、商標などに関する幅広い知識及び経験を基に、ネーミング支援サービスを提供いたします。具体的には、右表のような観点から商品(サービス)ネームを客観的に評価し、アドバイスをさせて頂きます。

もちろん「ネーミングは、そもそもどのように行えばよいのか」といった基礎的事項からアドバイスを差し上げることも可能です。ぜひ当事務所のネーミング支援サービスを積極的にご活用下さい。

ネーミングの機能・役割
商品(役務)との
関係
  • 商品(役務)コンセプトとの適合性
  • 商品(役務)のオリジナリティを反映しているか
  • 商品(役務)の情報を凝縮しているか
顧客との関係
  • 顧客吸引力(顧客を惹きつけられるか)
  • 顧客への伝達力(コンセプトなどを顧客に伝えられているか)
  • 顧客が頭の中に描く商品(ブランド)イメージとの間に ギャップが生じないか
  • 覚えやすさ
  • 親しみやすさ
商標としての優秀さ
  • 識別力の強さ
  • 他社商標と近似、類似しているか
  • 視覚面のアピール、美しさ
  • 語感の良さ、呼びやすさ
  • ネガティブミーニングはないか
  • 商標登録の可能性

知財創造支援のトップページへ戻る

ページトップへ