業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

知的資産の棚卸しと知財戦略立案

貴社の保有する知的資産を漏らさず掘り起こし、収益化を図ります

 皆様の会社が保有する知的資産、100%抽出できてますでしょうか?また、貴社の保有する知的資産をきちんと整理できていますか?技術者の頭にある暗黙知は大切な財産ですが、これを社内でしっかりと共有するためのメソッドが確立されていますか?

 これからの知の時代において、社内の知的資産(ナレッジ)を上手く取り扱う、ナレッジマネジメントの重要性が増します。実は隠れたところにビジネスのレバレッジとなる知的資産が存在している場合があります。



 埋もれた知的資産を何も利用しないのは非常に勿体無い話です。当事務所では、知的資産を漏らさず棚卸しして、ビジネスを更に強化するコンサルティングスキームを確立しました。既に受注いただいているお客様からは大変好評を得ております。是非お気軽にご相談ください。

棚卸した知的資産を見える化し、貴社にとってベストな知財戦略を立案します

 本コンサルティングスキームでは、単なる知的資産の棚卸しに終始するのではなく、棚卸しした知的資産をいかに皆様に分かり易く「見える化」し、さらにそこから皆様にとってベストな知財戦略を立案するところまでをワンストップサービスで行います。

 知的資産の棚卸しの前に、先ず貴社のコアコンピテンシーの把握から入ります。その後にインタビューや実地見学、実物のリバースエンジニアリングを通じて知的資産を漏らさず棚卸しし、形式知化を図っていきます。この抽出した知的資産は、ダイアグラム図やQFD展開図、棚卸しマップ等に落とし込むことで整理することで、棚卸しした知的資産を視覚的に理解いただきます。更に、この知的資産がビジネスモデル、ひいては収益にどのように寄与するのか、他社と差別化できている要因は何であるのか、更にはビジネス自体の強みと弱みをビジネスモデルロードマップと重ね合わせて分析をするとともに、技術戦略ストーリを構築していきます。最後に技術戦略を知財戦略に落とし込んだ上で特許出願戦略までをご提案させていただきます。必要に応じてパテントマップも重ね合わせて俯瞰することにより、競合他社の特許ポートフォリオとの関係も含めたご提案も可能です。

棚卸した知的資産を見える化し、貴社にとってベストな知財戦略を立案します

注)上記のコンサルティング項目は一例であり、受任案件によって変化します。

注)費用については受任案件の規模に増減します。キックオフミーティングの後にお見積もりをさせていただきます。

各コンサルティング項目のメソッド例

2)知的資産の調査、棚卸し

3)知的資産の技術構成、機能の表出化(形式知化)

4)棚卸しした知的資産のダイアグラム図の作成

知知財コンサルティングのトップページへ戻る

ページトップへ