業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

分析系コンサルティング

パテントマップ作成代行  -Patent Map-

知財ビジネスを優位に展開する戦略地図を提供します

戦略を立案するには、必ず「地図」が必要となります。どの企業が、今どの分野の技術開発を行っているのか、また自社の開発動向はどの位置にあるのか、状況を地図に描いて自社の競争力を客観的に俯瞰する必要があります。

このようなケースでは、特許出願状況を調査分析してグラフ又は表にしたパテントマップが有用です。当事務所は、必要に応じて知財戦略もリードさせていただく方針の下、パテントマップを積極的に有効活用し、より定量的かつ多角的なデータを提供いたします。

パテントマップは以下の戦略を実行する上で特に有用です

1 . 競合他社の開発動向の視覚化
競合他社の特許出願状況をパテントマップを通じては把握することにより、いかなる分野の研究開発に注力しているか、また過去から現在に到る競合他社のコアテクノロジーの時系列的な把握も可能となります。また自社の特許情報も同じパテントマップに重ね合わせることにより、競合他社に対する自社の技術的な位置取りやレベルを確認することができ、自社が新規参入できる余地があるか否かも把握できます。
但し、他社の特許が出願されていない領域は、むしろ市場のニーズが低くて特許を取得しても有効性が低いのかもしれません。つまり、パテントマップの分析結果は常に市場のニーズと重ね合わせて判断する必要があります。
2. 自社の研究開発の方向性の検討
出願前の先行特許調査を行ったところ、既に同一発明が他社により出願されていたことが分かった場合、これは明らかに特許出願以前の研究開発戦略に改善の余地があるパターンです。
研究開発戦略において新たなテーマを決める際にパテントマップは有用な知見を提供してくれるものです。例えば、他社が興味を示していない分野や手薄な分野に参入する戦略、他社が気付いていない市場ニーズを把握して自社が先行して開発する戦略、何れの戦略を採用する場合においてパテントマップの活用をお勧めします。
3. 自社の特許ポートフォリオの視覚化
自社で築いた特許ポートフォリオが、他社の参入や模倣を防ぐ上で果たして有効に機能するか否かを確認する上でもパテントマップは有用性が高いです。
サーモグラフ
要素技術一覧課題マップ

知知財コンサルティングのトップページへ戻る

ページトップへ