業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

分析系コンサルティング

特許調査  -Patent search-

「情報戦で勝つことで知財経営を征する」を実践します。

出願前の先行技術調査

技術の理解力の高さに自信のある当事務所では、発明の本質を見極めた上で仮説を立て、その上でFI、Fターム、キーワード等を駆使して最適な検索式を立てます。このため、漏れのない高精度な先行技術調査を行うことができます。

また、高精度な先行技術調査を予め行っておくことで、知財創造支援フェーズにおいて、特許性の高い発明創造を行うことができ、また特許率の高い特許明細書を仕上げることも可能となります。

他社特許の抵触調査

新製品の開発時や販売時において、侵害の可能性のある特許権の有無を調査いたします。新製品に実装される技術を当事務所の技術力を以って的確に把握した上で、抵触可能性のある特許の存在を漏れなく検出致します。万一他社の特許を侵害する可能性がある特許が発見された場合にもご安心ください。お客様にとってより最適な解決策をご提供いたします。

特許の無効性調査

お客様の会社が、他社の特許権に基づく侵害の警告を受けた場合であっても、実はその特許権に無効理由が含まれている可能性があります。無効理由の大半は特許法第29条第2項違反(進歩性欠如)です。

当事務所では、このような他社からの警告に対して、お客様のビジネスをしっかりと守る観点から、特許の無効性の調査も行っております。勿論その精度については自信を持ってご提供できるものです。

何れの調査においても、調査報告書をご提出させていただきます。調査報告書では、検索式やサーチした文献の技術説明は勿論のこと、例えば抵触調査の場合には、抵触可能性をランク付けし、最終的な侵害の可能性の判定も行います。

知知財コンサルティングのトップページへ戻る

ページトップへ