業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

意思決定支援コンサルティング

知財活用コンサルティング  -Use of intellectual property-

「せっかく特許権を取得したのに上手く活用できない・・」
という事態になっていませんか?

「せっかく特許権や意匠権、商標権を取得したのに、それを上手く活用できない・・」という事態に陥らないようにするため、お客様のために知財活用に特化し、知財をレバレッジとして新たなビジネスモデルの創造を支援するコンサルティングです。

従来型モデルの俯瞰、現状の問題点分析を行い、より事業環境に適した新規の知財活用モデルをお客様へのインタビューを通じて探索的に求めていきます。そして、知財活用による収益の最大化を図るために必要な施策をご提案いたします。また、実際の活用性までを視野に入れた権利化業務を行っていくことは勿論です。

つまり、知財活用コンサルティング業務を、特許や商標の出願、権利化業務と並行して行っていくことにより、特許権や商標権として成立する段階で、自然に活用性に優れた権利になっていることを目指していきます。当事務所では、このような知財活用コンサルティングについて、知財創造から権利化までのプロセス、権利化後のプロセスの2つからアプローチすることで、取得いただいた知財権の活用性をより向上させるように尽力させていただきます。

弊所で実際に行った知財活用コンサルティングの例(従来型モデルの俯瞰)

新たな販売モデルの検証

知知財コンサルティングのトップページへ戻る

ページトップへ