業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

SERVICE | 技術経営コンサルティング

特許事務所の業務としては初!技術経営のソリューションを新たに提供

イノベーションマネジメント、技術の獲得戦略の立案支援と実行、技術マーケティング戦略立案支援、戦略技術ロードマップの作成、研究開発(R&D)マネジメント、シミュレーションを利用した技術経営上の意思決定分析等のサービスを提供します。

成功への道は、技術経営(MOT)を意識した知財マネジメントにあり

「技術経営(Management of Technology)」は、技術開発から新製品や新事業を創出するためのマネジメントであり、一言で言えば「技術の市場化」の探求であり、究極目的をイノベーションの創出としております。このため、技術経営戦略を実践することで、技術開発の成果をより高い確実性をもって顧客に認められるようにし、開発技術を企業価値に換えていただく必要があります。

知財経営を実現する背景には、ベースとなっている技術経営戦略が存在するものであり、技術経営戦略を無視した知財経営を行うのはまさしく「木を見て森を見ず」になってしまう場合があります。

このため、当事務所では、技術経営に関する長年の研鑽を活かし、知財コンサルティングに加えて、技術経営コンサルティングを業務のラインナップに含め、知財経営に資する技術経営を意識したコンサルティングを行っていきます。

技術経営を制する者は知財を制す

技術経営のコアを形成するのは、知的財産戦略であることは言うまでもありません。そして、この知財戦略と最も強くつながる技術経営上のカテゴリーはイノベーションマネジメント、R&Dを始めとしたプロジェクトマネジメント、技術マーケティングの3つです。これらをいかにマネジメントするかは、いかなる知財を形作るかを決める上で最も大きな支配要因になります。このため、知財戦略を強化するためには、本来これらの技術経営上のファクターに目を向けていくことが重要となります。つまり、知財経営に着手する前に、これらイノベーションマネジメントやR&Dマネジメントを確りと意識することで、その後の知財経営に明確な差となって現れてくるはずです。

ご興味のある方は、是非弊所の技術経営コンサルティングサービスのページをご覧頂ければと思います。

SERVICE Menu | 技術経営コンサルティング

1. イノベーションマネジメント

研究開発過程に加え、市場からのフィードバックがあってこそイノベーションが創出されます。弊所では、優れた知財創造につながる良質なイノベーションマネジメントをリードします。

2. 技術の獲得戦略の立案支援と実行

企業全体の技術ポートフォリオに着目して分析を行うと共に、コアコンピタンスも重視した戦略立案支援とポジショニングやセグメント化に関する助言を行って参ります。

3. 技術マーケティング戦略

「顧客適合」の視点から商品コンセプトを発想し、4段階のステージからなる技術マーケティング戦略の策定を、SWOT分析等のツールを有効的に活用して支援いたします。

4. 戦略技術ロードマップの作成

技術戦略の企画立案を知財戦略を踏まえて判断できるようにするため、市場、製品、技術という視点に加え、知的財産の視点も盛り込んだ技術ロードマップを作成いたします。

5. 研究開発(R&D)マネジメント

R&D戦略立案時から積極的な特許情報やパテントマップの活用を!特許情報を取り入れたR&D戦略が、きっと死の谷やダーウィンの海を乗り越える原動力になるはずです。

6. シミュレーションを利用した技術経営上の意思決定分析

ベイズの定理やモンテカルロ法等のシミュレーションを利用することにより、リスクの定量分析とコントロールを実現し、バランスの取れた技術経営をめざしていきます。

ページトップへ