業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

特許明細書の作成_Advantage_03

Advantage_03 of MINORU

明細書や図面の品質コントロール

当事務所における特許明細書の作成方法は、当事務所における長年の経験をベースにした特許明細書作成テキストを通じてマニュアル化しております。明細書の書き方は全技術スタッフ間でリテラシーの共通化を図っており、品質のコントロールを行っております。言葉の一つ一つの意味をかみしめてキメの細かい明細書作りを行っていきます。また1つの構成を説明する上でも単的な説明に終始することなく多角的な説明を加え、なるべく多くの実施例を含めるように心がけて記載いたしますので、より重厚な明細書になります。

また図面の作成も創造的な資質が求められます。特に機械、土建分野等では、図面が特許になるか否かの命運を握る場合があり。図面が命といっても過言ではありません。当事務所では、打ち合わせの段階で元図がない状態でも、発明の構成を多面的に捉え、緻密かつ満足度の高い図面を作成いたします。また、特に機械系の特許の場合には、これらに加えて組立図等も当事務所にて詳細に作成いたします。

図面化

特許・実用新案のトップページへ戻る

ページトップへ