業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所

リスクリバーサルプランのご案内

重要技術の特許出願でリスク回避を行うリスクリバーサルプラン

特許出願のリスクは何でしょうか?大きく分類すると以下の2つであると考えられます。

  • 1)拒絶査定になってしまう。
  • 2)特許は取得できたが、実際に思ったような権利が取れていなかった。

2)については、弊所のコンサルティングサービス、並びに明細書作成代理を利用していただくことで、そのような可能性を大幅に軽減できると考えております。

問題は1)の拒絶査定になってしまう場合です。

当事務所では、特許出願のみについて、リスクリバーサルプランというものを設けております。このリスクリバーサルプランは、いわゆるプレミアムコースであり、戦略上特許化することが必要条件にある非常に重要な技術について、より上質な特許明細書で出願するものです。リスクリバーサルプランでは、発明の技術分野に応じて複数人のチーム体制を作り、出願前の先行特許調査を調査会社と連携して行うことで、審査段階で挙げられる引用文献の徹底した先読みを行います。そして、この先読みした引用文献をベースにして、発明創造支援、明細書に盛り込む限定要素の列挙、明細書の作成といったプロセスを通常の2倍の時間をかけて担当者同士連携しながら行っていきます。これらのプロセスが、より上質な明細書につながり、ひいては拒絶リスクを低減させます。 リスクリバーサルプランの詳細については、弊所まで御連絡ください。

特許・実用新案のトップページへ戻る

ページトップへ