業務の品質を極める | ミノル国際特許事務所

ミノル国際特許事務所


デジタル・フォレンジックを利用した営業秘密の漏洩鑑定

技術情報等の営業秘密を公認不正検査士と協力して漏洩調査及び鑑定を致します

近年の知識偏重型社会において、特に情報セキュリティ、ひいては営業秘密の保護に関する重要性が高まっており、デジタル・フォレンジックが注目を浴びております。当事務所では、公認不正検査士と協力して技術情報等の営業秘密を漏洩調査及び鑑定を致します。

企業における情報漏えいの実態

ビジネス上有用なノウハウや技術等の営業秘密の流出は、中途退職者による漏洩等をはじめ、従業員による ものが多くを占めます。国内外の競業他社へ漏えいしている恐れもあります。

デジタルフォレンジックとは

" forensics"を分かり易く意訳すると、「犯罪捜査や法的紛争などで、コンピュータなどの電子機器に残る記録を収集・復元・分析/解析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術の総称をいいます。ハッシュ値やデジタル署名などで解析元と同一性を保全する技術なども含まれます。デジタル・フォレンジックでは、以下の図のようにPCや外付けHDD等の端末や各種サーバーやファイアウォール等のネットワーク等に記録されている電磁情報を多角的に解析・分析いたします。

フォレンジック調査で分かること

 フォレンジック調査では、調査対象者の使用している端末やネットワーク等の完全コピーを作成することで証拠保全を行い、解析を行います。これにより、削除済みデータの復元、ファイルアクセス履歴、インターネット閲覧履歴、プログラム実行履歴、メタデータの調査、外部機器の接続履歴を行うことができます。

 つまり、分析を通して知り得た様々な電子情報を組み合わせることで使用者の足取りを浮き彫りにし、営業秘密の漏洩を調査いたします。

漏洩鑑定の流れ

 当事務所では田中公認不正検査士(アスエイト・アドバイザリー(株))と協働し、フォレンジック調査から不競法上の営業秘密の鑑定、不競法上の差止、損害賠償請求をワンストップサービスで実施いたします。デジタル・フォレンジック調査のご依頼をいただいた場合には直ちに田中公認不正検査士(アスエイト・アドバイザリー(株))とともに、調査対象の端末やネットワーク等の証拠保全を行い、解析を行うことで、断片的な証拠データを次々と抽出して、証拠データの束からなる証拠データ群を取得します。次にこれら証拠データ群を組み合わせることで営業秘密に該当するか否かの当てはめを行い、更に当事務所の弁理士がこの営業秘密が不正競争防止法上の営業秘密に該当するか否かの法的スクリーニングを行います。

 この法的スクリーニングを潜り抜けたものが本当の意味での不競法上の営業秘密です。そして、単なる営業秘密の鑑定で終わるのではなく、ここから更に営業秘密の漏洩者に対する警告書の作成や差止、損害賠償請求といった法的業務もワンストップで担当することが可能です。

 このサービスの特徴としては、デジタル・フォレンジック調査の段階から当事務所の弁理士が参加させていただくことで、証拠データの段階から全体像を明確に把握することができ、理解度の行き届いた法的書類の作成を行うことができ、またお客様が弁理士に状況を一から説明する労力を省くことが可能となります。

アスエイト・アドバイザリー(株)ホームページはこちらをクリック

知知財コンサルティングのトップページへ戻る

  • ミノル国際特許事務所のサービスをご紹介
  • 知財に関するお悩み、まずはご相談ください。

ページトップへ